熱処理


真空熱処理 金型鋼:SDK-11.61、DC53、DAC等の焼入れ、焼戻し
その他:SUS303・420等の焼入れ、焼戻し、アニール処理、析出硬化処理、時効硬化処理  サブゼロ処理にも対応
一般熱処理 一般熱処理:S45C、SK、SKS等の焼入れ焼戻し ※曲がり修正等も承ります
ソルト焼入れ:マルクエンチ処理、部分焼き入れ
浸炭熱処理:SCM415,SS,快削鋼等
その他:フレームハードによる部分焼き入れ、サブゼロ処理にも対応
▼熱処理部門主要設備
  • アルバック社製 加圧冷却型真空熱処理炉
  • アルバック社製 縦型2室・熱処理炉
  • アルバック社製 横型3室・熱処理炉
  • IHI社製 横型熱処理炉/焼き戻し炉
  • IPSEN社製 PC制御単室熱処理炉
  • オリエンタルEG社製 バッチ式オールケース炉
  • ソルトバス炉
  • 焼戻し用大気炉
  • フレームハード設備一式
  •  

表面処理


黒染め処理 工作機械部品単品物
自動車、電気製品向け量産品対応
微細部品カゴ処理
処理槽サイズ:2,000(W)×1,100(D)×900(H)
対応鋼種:一般鉄鋼材
ブラスト処理 表面処理用下地処理
使用メディア:アランダム、ガラスビーズ
対応鋼種:一般鉄鋼材、SUS、Ti、Al
取次品目 ガス軟窒化、無電解ニッケルメッキ、白・黒アルマイト等
▼表面処理部門主要設備
  • 長野県内最大規模の黒染め処理槽
  • 脱脂槽、酸洗槽、リンス槽、湯洗槽
  •  

洗浄処理


水系洗浄 大気中水系超音波洗浄
クリーンルーム内純水超音波洗浄(純水:0.2μS以下)
クリーンオーブン乾燥
クリーンルーム内シール梱包対応
炭化水素真空超音波洗浄 対応材質:リン青銅、ベリリューム銅、SUS等
金属膜剥離 蒸着・スパッタ装置部品の金属膜剥離
ケミカルエッチング
ブラスト処理
▼洗浄処理部門主要設備
  • クリーンルーム(クラス1000)
  • ASK社製 炭化水素式真空超音波洗浄機
  • カイジョー社製 クリンパルス
  •  

会社概要


株式会社サンエイ

代表取締役社長 田中正一
創業 昭和43年3月
〒391-0013 長野県茅野市宮川字下河原3842-5
TEL:0266-72-4588 FAX:0266-72-4586
メール:info@sanei-heat.co.jp



2022年営業日カレンダー
カレンダー
▼代表あいさつ

私どもは昭和43年(1968年)時計、カメラ等精密部品の熱処理を主として創業いたしました。
以来、諏訪地域の精密部品をはじめ、工作機械部品や治工具の熱処理・表面処理を手がける中で、地域のお客様とともに歩んでまいりました。時代は流れ、現在のわが国における工業の構造変化を受け、お客様のニーズも刻々と変化しています。私どもは創業以来常にお客様のご満足こそが私どもの存在の証との信念のもと、たゆまない技術の積み重ねと、それをもとに新しい技術の開発にも取り組んでまいりました。
現在は未来への通過点ととらえ、お客様とともに進化する企業を目指し、日々精進を重ねてまいります。

代表取締役社長 田中 正一 
▼沿革
昭和43年 「丸眞精密熱処理有限会社」として茅野市に設立
昭和51年 隣接地を購入し、事務所および厚生施設を建設
昭和58年 滴注式ガス浸炭炉導入に伴い工場増築
昭和61年 隣接地を購入し、黒染め処理棟を建築
大型黒染め処理装置を設置
不動態化処理装置一式を設置
平成5年 真空装置ケミカル洗浄操業を開始
平成7年 社名を「有限会社サンエイ」と改称
ハンドブラスト装置を設置
平成8年 受電装置移設に伴い、ブラスト棟を建設
平成9年 熱処理工場増改築に伴い、ブラスト棟を建設
平成13年 宮川工場を新設し、洗浄専門工場とする
平成15年 IHI製真空熱処理・焼き戻し炉を導入
平成16年 アルバック製縦型新旧熱処理炉を導入
増資により「株式会社サンエイ」と組織変更する
炭化水素真空超音波洗浄機を宮川工場に導入
平成18年 宮川工場隣接地購入
本社工場建設に着手
平成19年 本社工場完成、旧工場より移設
アルバック3室横型真空焼入炉導入
オリエンタルエンジニアリング浸炭窒化炉導入
長野県茅野市宮川(現在地)にて操業開始
平成23年 イプセン横型真空炉導入
▼採用情報
現在募集を行っておりません。

※当ウェブサイトの情報(文書、写真、その他全てのデータ)は著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することを禁じます。また、当ウェブサイトを利用して被った損害、損失に対して一切の責任を負いませんのでご注意ください。

Copyright © SANEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.